バルログ

春日野穹ちゃんが嫁です

妹がお兄ちゃんでオナニーしてるの見ちゃったらもう結婚するしかないよね!(ワガママハイスペック兎亜ルート感想)

f:id:baltan82:20170823001631j:plain

妹でオナニーするお兄ちゃんはドン引きされそうだけどね

 

C92お疲れ様でした←いまさら

今年の夏は仕事で電気外に参加できず、だったらコミケも別に行かなくてもいっかと思っていたんですが、友人の誘いもあり結局2日目だけ参加。

カントク先生の新刊セットを買った後は企業ブースをうろうろ。

買えたらラッキー程度に考えていたトリノラインのグッズセットは結局売り切れていたので、日本一ソフトウェアブースでタペストリーを買いました。

 

f:id:baltan82:20170823130819j:plain

かわいい。

 

これだけ買えただけでも来た価値はあったと思いましたし、このまま帰る気満々だったんですが

 

 

f:id:baltan82:20170823125235j:plain

 

友人氏「ワガママハイスペックのグッズセットが4000円なんだよ安くない?」

私「お、そうだな」

友人氏「買っちゃおうぜ」

私「買うの?」

友人氏「お前が買うんだよ」

私「なんでやねんワイワガハイプレイしとらんぞ」

友人氏「だって4000円だぜ?ドラマCD3000円だとして残り1000円で兎亜ちゃんのエロいポスターと色紙バインダーと色紙ってめちゃくちゃお得じゃない?」

私「買う~~~~~

 

 

・・・というわけでグッズセット買っちゃったからには本編プレイせなあかんやろということで←ほんッッッとチョレェオタクだな

 

今回はまどそふとから発売されているワガママハイスペックの感想になります。

 

えー当初の狙いとしてはですね、ワガママハイスペックOC(ファンディスクポジ?)の発売までに全ルートクリアして、OC予約特典をまとめたりして感想を書こうかななんて思っていたのですが、

OC発売日まで残り2日を切ってしまい←おい

 

「いやお前毎回全キャラ攻略とかやらないじゃん」と言われればその通りで、サクラノ詩や魔女こいにっきみたいな多少寄り道はあれどオールクリアまで一本道みたいなゲームは最後までプレイできるんですが、キャラごとにルートで分岐するものはどうしても好きな娘が終わってしまうとモチベーションが上がらず・・・

かといって興味が薄いキャラからやると積みますし←こいつエロゲ向いてねえな

 

f:id:baltan82:20170823002214j:plain

 

ゲームの話に参りましょう。

主人公は駆け出しの新人漫画家でシナリオ担当です。ToLOVEるに例えると長谷見先生ですね。漫画の内容もお色気満載という描写からきっとToLOVEるみたいな内容と思われます。

そんな女の子とイチャエロする内容が書かれたネタ帳を主人公は学校で落としてしまいます。それを拾った生徒会長、鹿苑寺かおるこ先輩はなんと主人公が描いている漫画の作画担当。ToLOVEるに例えると矢吹神ですね。ここで主人公とかおるこ先輩はお互いの正体をはじめて知るわけですが、今までコンビで漫画を連載し主人公の人柄を知っていたかおるこ先輩は生徒会に入ってくれないかとお願いします。←命令じゃなくてお願いね、ここ重要。

 

 

f:id:baltan82:20170823142023j:plain

 

このゲームのメインヒロイン、鹿苑寺かおるこ先輩。またの名を人気イラストレーターしかくん先生。主人公が通う学園の生徒会長にして、漫画の作画担当でもあります。この人の攻略中に時間切れになりました。

エロゲとかラノベに出てくる部活なり生徒会なりのリーダーキャラって、偉ぶっているというか、強気な態度で主人公に命令してくるキャラクターが多いじゃないですか。

かおるこ先輩はそんなキャラクターとは真逆で、主人公への態度が常に柔らかくてあたたかい気持ちにしてくれるんですよね~。ほわわ~~~っとした声もとってもかわいくて、最高にバブみを感じさせてくれます。気分はシャア・アズナブル状態。めっちゃオギャれる。

 

 

f:id:baltan82:20170823140926j:plain

 

主人公より年上のキャラクターでここまで惹かれたエロゲキャラクターは素晴らしき日々の由枝姉ぇ以来ですが、あっちは可愛さよりもかっこよさに惚れたみたいな感じですので、ロリコンの私にここまでバブみを感じさせてくれたエロゲキャラは会長が初めてでございます。まだ初エッチまで進めていませんが、共通ルートの時点でめちゃエッチに貪欲そうな感じがそこかしこから伝わってきましたので楽しみです。

 

f:id:baltan82:20170823002234j:plain

いっつも滑ってる駄洒落も好き。

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170823142139j:plain

 

桜木・R・アーシェは生徒会副会長で主人公と同じ2年生。主人公には初対面で着替え姿を見られたせいで最初こそ印象最悪でしたが、共に生徒会で活動するうちに徐々に打ち解けていきます。

かおるこ先輩と主人公がアーシェに漫画のことを打ち明け、生徒会メンバーで秘密を共有し始めてからが本番で、仲良し生徒会がさまざまなトラブルに巻き込まれてそれをドタバタしながら解決していく日常が本当に面白い。

いつもの私は共通ルートはさっさと済ませて個別ルートに入りたいとクリック連打するようなもんなんですが、このゲームは日常パートの生徒会メンバーがみんな生き生きとしていて魅力的なんです。いつまでも共通ルートでこの日常を見ていたい、そんな気持ちにさせられるんですよ。

加えてどの娘と一緒にいても楽しくて、付き合ったら素敵だろうなーと思わせてくれるので、全員のルートをクリアしたくなっちゃうんですよねー。

アーシェは共通ルートでは大食いが目立つキャラでしたが、ピアノに何かしらの思い入れがある描写があったのが気になりました。会長がほんわかしてる分ツンツンしまくりの彼女でしたが、個別ルートではデレデレになるんだろうなーこういう娘はデレたらとことんデレそうだからなーデュフフ

 

 

f:id:baltan82:20170823144154j:plain

おっぱい宮瀬未尋は主人公を追って生徒会入りした1年生。主人公をからかうのが生きがいで生徒会メンバー一番の巨乳。やればなんでも出来るので成績は学年トップ、料理が超得意のスーパーウーマン。動物に好かれるって設定もありますがぶっちゃけ最初しか出てこないので死に設定。個別ルートでは拾われるのかしら。

共通ルートではとにかく主人公を弄り倒して話を盛り上げ、兎亜ルートでは兎亜の親友として兄との恋を精一杯サポートしてくれる出来た女の子。ワガハイのおもしろさの陰の立役者と言えるでしょう。

 

 

 

f:id:baltan82:20170823001858j:plain

 

はい、そしてこのゲームの真のヒロインにして人気ナンバー1ヒロイン、鳴海兎亜ちゃんです。主人公の妹にして天才プログラマー。引きこもりがちですがお兄ちゃんが生徒会に入ると知って自分も生徒会にかなり強引な手口で参加。

 

ツンデレ全開なアーシェに比べ兎亜はクーデレな感じ。お兄ちゃんに対して冷たい態度や罵倒を繰り返しますがその実めっちゃ甘えんぼさんでほんとはお兄ちゃんのことしゅきしゅきだいしゅきって気持ちが全然隠せてない。最高。

 

f:id:baltan82:20170823002133j:plain

 

兎亜様からいただくご褒美のお言葉でプレイ中何度致したことか・・・←気持悪!

作家としてのお兄ちゃんの初めてのファンでもあり、お兄ちゃんには全面の信頼を寄せております。「ご飯の準備」「疲れたからおんぶ」などのお願いにあざとい仕草などは微塵もなく、さもそれを当然のこととして要求してくる。(心の中では甘えてるんだけどね!)そしてそれを当然のことのようにこなしていく主人公を見ていくうちに、兎亜様に飼っていただくために生まれてきた豚が画面の前に誕生するわけですブヒ。

 

 

f:id:baltan82:20170823002102j:plain

 

f:id:baltan82:20170823002019j:plain

 

ああ兎亜様のブタになりたい・・・。

 

ドSに攻めてくる兎亜様も最高なんですが、やっぱり妹ですので、お兄ちゃんに甘えたくなるのは仕方のないことです。兎亜ちゃんがお兄ちゃんに甘えたくて我慢できなくて自室でオナニーに耽っているところを目撃したことで、主人公は兎亜ちゃんの想いに気付きます。

 

お兄ちゃんへの想いが抑えられなくなってオナニーしちゃう妹って最高じゃない?

 

f:id:baltan82:20170823002348j:plain

 

f:id:baltan82:20170823152639j:plain

 

f:id:baltan82:20170823152711j:plain

 

 

もう結婚するしかないよね?←お兄ちゃん抱いて!

 

 

 

f:id:baltan82:20170823002324j:plain

 

 

兎亜ちゃんとのあまあまH、最高でございました・・・

 

 

f:id:baltan82:20170823002341j:plain

 

そしてこの至高の事後絵トリノラインのときも同じようなこと言ってたなこいつ

 

個別ルートのシナリオの完成度も高く、共通ルートの楽しげなノリは崩さず、主人公と兎亜ちゃんの成長がとても丁寧に描かれていて、最後もとてもすっきりする終わり方でした。OCの追加シナリオがとても楽しみ。

 

あ、そのOCですが、もちろん私はげっちゅ屋で予約しました。なんだかんだやっぱ最高のヒロインは兎亜様なので・・・←まだ全ルートクリアしてないくせに

兎亜様ルートクリアしたわけですし、抱き枕カバーがつくとなっては手に入れなければと!

 

 

f:id:baltan82:20170823001908j:plain

 

 

f:id:baltan82:20170823153848j:plain

 

げっちゅ屋の店舗特典です。抱き枕カバーとドラマCDとトートバッグがつきます。

 

ドラマCDのタイトルは

「妹はすっかり発情してしまいました」

 

 

・・・・・・おいおい

 

 

<あらすじ>

――最近、お兄ちゃんがあまり構ってくれない気がする。
お兄ちゃんのくせに生意気だとご立腹な兎亜は、海外から取り寄せた超強力媚薬で懲らしめてやることに。
早速コーヒーに媚薬を仕込むが、ちょっとした手違いで媚薬入りコーヒーを兎亜が飲んでしまい……。

 

 

f:id:baltan82:20170823154341j:plain

 

 

めっちゃ頭悪そうなあらすじが最高以外の何者でもない。

 

他のキャラクターも店舗によってイカれた内容の素晴らしいドラマCDがついているようなので、これから予約する方は好きなキャラクターが特典になっている店舗で予約すればいいと思います。←発売日まであと2日しかないんだってば

 

 

f:id:baltan82:20170823001720j:plain

 

 

久しぶりのエロゲ感想ブログでしたがいかがだったでしょうか。実は先月超昂神騎エクシールを買ったんですが戦闘パートがめんどくさくて序盤で積んでしまい、前回のトリノライン感想から実に4ヶ月ぶりのエロゲクリアとなりました。やっぱりエロゲの感想書いてるときが一番楽しい気がします。時間はかかるけど。

 

ワガハイと一緒に購入したナツイロココロログも前半のストーリーが退屈で止まってしまっているのですが、こっちは妹ちゃんの抱き枕カバーがすごくかわいいのでなんとかクリアしたいと思ってます。

 

 

 

f:id:baltan82:20170823155857j:plain

 

 

 

これは抱き枕抱くためだけにもクリアする価値がある。

 

 

 

f:id:baltan82:20170823003334j:plain

 

 

君を抱くためなんだ、許してくれ。

 

 

f:id:baltan82:20170823001815j:plain

 

 

許してくださいお願いしますなんでもしますから

 

 

f:id:baltan82:20170823002028j:plain

 

 

f:id:baltan82:20170823003355j:plain

 

次の更新はワガハイOCか深夜廻かネプテューヌVⅡRの話になると思います。←まずワガハイ全ルート終わらせろよ

 

キンプラ応援上映で体力使い果たした結果電車寝過ごして野宿する羽目になった話

f:id:baltan82:20170804002746p:plain

仁様ももっと応援してあげて…

 

まさかノゲゼロさしおいてこっちを先に二回目観に行くことになるとは思いませんでした。(なのははもう四回目を見た)

「KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 」

仕事で東京に出張した帰り、向こうにいた妹にまたも誘われ、今回は絶叫応援上映に参加してまいりました。

(一応断言しておきますがここに出てくる妹とは決して私の想像上の生き物ではありません。)

 

いや・・・まさか私も応援上映童貞をキンプリに捧げることになるとは思ってませんでしたよ・・・←捧げられる方の身にもなれよ

 

 

前にちょこっと書きましたが、キンプラは突っ込みどころ満載の笑いをこらえるのが大変な映画ですので、クソアニメ実況のノリで好き勝手突っ込んでいいのかなーとか思ってたんですが、妹からサイリウムを渡されたとき考えを改めました。

あぁ、これはふざけたら〇されるやつだと…←サイリウムにどんなイメージ持ってんの?

 

妹氏「大丈夫だよ、爆笑する人も感動して号泣する人も男の人も普通にいるし、後ろの席とったから前の人を見てればサイリウムの使い方もわかると思うよ。」

私「え?感動して号泣?腹抱えて涙流しながら笑ってるの間違いじゃなく?」

妹氏「あとは最初に応援上映の注意が流れるからそれ守ってくれれば大丈夫だよ。」

私「仁様の台詞に合わせてひゃくおくぅっ!って叫んでいい?」

妹氏「それは誰もやってないね」

私「マジっすか」

 

実際、応援上映中は観客の統率が取れていたと言いましょうか。好き勝手に自分の気持ちを叫んでいるような人は皆無で、ある程度定められた合いの手やコールにちょいちょいテンプレ外の声が混じるって感じで、思っていたより全然平和でした。

 

法月仁の台詞は全部一緒に絶叫し、アレクとコウジが画面に出たら抱いてくれと叫ぶくらいの覚悟を決めていた身としては少々物足りなくもありました。←なんでそんな覚悟決めるに至った

 

 

以下応援上映中の面白ポイント

・本編前の予告映像で既に応援が始まっている。

・劇場版美男高校地球防衛部LOVE! の予告映像で大歓声が上がる。

・映画泥棒への突込みがすさまじい。

 

 

…以上です。←本編にたどり着いてねぇ

 

いや、ぶっちゃけ二回目ですが本編が面白すぎて応援上映してる客の様子とか頭に入ってきませんでした。

(ちゃんと周りに合わせてサイリウムの色は変えたし振ったりもしたよ!)

 

応援上映関係なく楽しかったんですが、唯一の不満は法月仁への応援が少なかったこと。

 

f:id:baltan82:20170804013416j:plain

 

金を返せぇ!ひゃくおくぅっ!!!

 

ブワァカメェ!お前は失格だぁっ!!!

 

 

三木眞一郎さんの熱演が光る楽しいボスキャラ。特に上の2つの台詞は一緒に叫ぶ気満々でした。

いや、プリズムスタァじゃないし応援の機会も少ないってのはわかるんですけどね。ヒロに屈服させられ土下座強制させられるときとか「がんばれー!」「負けるなー!」とか叫ぶ人がいてもいいと思うんですよ←ちびっこかよ

 

あとはアレクさんにエール送りまくれたから満足です。

 

 

余談なんですがこの日東京から栃木に帰るとき電車寝過ごして宇都宮駅で野宿したんですが雨は降るわ地震は起こるわ職質されるわでさんざんでした。←タクシー使えよあんぽんたん

 

信じて送り出した総司令官が創造主のSM調教にドハマりしてアヘ顔Wピーストランスフォームしてくるなんて…

f:id:baltan82:20170806154811j:plain

 

注意:この記事は先日公開された映画「トランスフォーマー 最後の騎士王」の感想になります。

 

 

公開初日に観に行ったものの感想まとめるのが2週間後になってしまいました。

前作「ロストエイジ」が今までのハリウッドトランスフォーマー史上最高の面白さだったことに加え、超面白要素(後述)満載の内容ということで、そりゃもう期待に胸を膨らませ観に行きました。

 

 感想に入る前にさらっと今までのハリウッドトランスフォーマーの流れを確認したいと思います。

 

 

f:id:baltan82:20170806155149j:plain

〈一作目 トランスフォーマー

惑星サイバトロンでなんだかすごい物質「オールスパーク」の力でトランスフォーマーが生まれたよ。

トランスフォーマーは正義の軍団「オートボット」と悪の軍団「ディセプティコン」に分かれてオールスパークをめぐって戦争してたけどうっかりオールスパークを宇宙にどんぶらこ。惑星サイバトロンアボン。

なんやかんやで地球に流れ着いたオールスパークを追ってきたトランスフォーマーたちだけどオールスパークはディセプティコンのリーダーメガトロンと一緒にアボン。

困ったオートボットのリーダーオプティマスプライムはこう言った。「もうみんなで地球に住めばいいじゃん。」オゥ・・・ジャズ・・・

 

〈二作目 トランスフォーマーリベンジ〉

人間とオートボットは協力してディセプティコンの残党狩りとかしながら仲良く?暮らしていたけれどある日偉い人が「ディセプティコンがいつまでも地球にいるのはオートボットがいるからじゃね?」とか言い出すからオートボットがおこ。

酷い言いがかりを受けたオートボットたちは仕方なく宇宙に帰ろうとするけど同時期に宇宙からめっちゃ強いディセプティコンが来て太陽ぶっ壊そうとするわ前作で倒したはずのメガトロンは海の底から復活するわで人類大ピンチ。

結局やっぱりオートボットに助けてもらって人類は滅亡の危機から救われたよ。メガトロンはどさくさにまぎれて宇宙に逃げてったよ。破壊大帝(笑)

 

〈三作目 トランスフォーマーダークサイドムーン〉

実は一作目より前にオートボットの宇宙船が月に来ていたことが判明。後付設定とか言うな。

中にはオートボット伝説の戦士センチネルプライムが眠っていると知りウッキウキで助けに行った我らが総司令官オプティマスプライム

なんとか月から地球まで運んでなんとか蘇生作業に成功。しかしセンチネルはメガトロンと手を組んで人間を奴隷化しようとするわサイバトロン星を地球までワープさせるわオートボットの仲間殺すわの大暴れ。オプティマスプライム激おこ。センチネルをぶっ殺す。ついでにメガトロンもぶっ殺す。これで地球は平和になったはずだぜ第一部完。

 

〈四作目 トランスフォーマーロストエイジ

もともと三部作で終わるつもりだったけど売れたから作るよ新三部作の一作目。。

人類のオートボット追い出そう派が大暴れして人造トランスフォーマー開発するわオートボット捕まえて公開処刑動画アップするわでオートボットブヂギレ。

さらに宇宙から謎の賞金稼ぎトランスフォーマーがでっかい宇宙船でオプティマスプライムを狙いにくる。賞金稼ぎに負けたオプティマスはでっかい宇宙船の中に捕らえられてしまうがそこで何故か捕らえられていた超強力恐竜軍団と意気投合してドッタンバッタン大騒ぎ。

またまたちゃっかり復活して人造トランスフォーマー軍団操ってイキってたメガトロン様は恐竜軍団従えて宇宙船大破させてきたから脱出してきたオプティマスにボコボコに。謎の賞金稼ぎもボコボコに。

自分を捕らえるよう依頼したのが創造主だったことを吐かせて賞金稼ぎをぶっ殺したオプティマスプライムは、創造主に「逃げんなよ今から〇しにいく」と啖呵切って宇宙の彼方へ。

 

f:id:baltan82:20170820124933j:plain

 

それではここから映画.comで公開されていた「最後の騎士王」あらすじになります。

 

地球上に存在するあらゆるマシンに変形する金属生命体トランスフォーマーが、太古の時代から地球の歴史に干渉してきたという、新たな真実が明らかにされる。トランスフォーマーの起源であり「創造主」と呼ばれる異星人が、惑星サイバトロンの再生と地球侵略を計画。それを阻止すべく旅立ったオプティマス・プライムだったが、創造主に捕えられて洗脳されてしまい、人類を滅ぼすべく地球に舞い戻ってくる。一方、オプティマスが不在中の地球では、バンブルビーオートボットの新たなリーダーとなり、復活したメガトロンとディセプティコンに対抗していた。バンブルビーオートボットと行動をともにするケイド・イェーガーは、孤児の少女イザベラを助け、謎の英国紳士バートンの導きによってイギリスに向かうが、バートンのもとでオックスフォード大学の教授を務める女性ヴィヴィアンと引きあわされる。バートンは、ケイドとヴィヴィアンに、これまで隠されていた真実を明かすが……。

 

えー…最初に話したこの映画の超面白要素(当ブログ調べ)なんですが、

なんとトランスフォーマー達はアーサー王伝説の時代から地球に住んでいて歴史が動く大きな戦いの裏には常にトランスフォーマーがいたけどそれは今まで巧妙に隠されてきたんですよ!←んな馬鹿な

さらにさらに!前回あんなにかっこよく啖呵きって宇宙に飛んでいったオプティマスプライムがなんと洗脳されて帰ってきちゃうわけですよ!←洗脳悪堕ち大好きマン

このどっから突っ込んでいいかわからないあらすじに私はもう大興奮。悪堕ちオプティマスがどんな活躍をしてくれるかわくわくしながら映画館に行きました。←クソアニメ見る感覚でハリウッド観に行くのやめーや

 

 

f:id:baltan82:20170820130350j:plain

 

まさかSM調教で90分使うと思わないじゃん?

 

えー予告で人類を滅ぼす!とか言っちゃったオプティマスですが映画冒頭で創造主に捕らえられてからは拘束されて電流流されたり顔面ひっぱたかれたりと調教シーンに思ったより時間がかかりまして・・・←なぜそこに力を入れた

 

完全に洗脳完了して地球に姿を現したのはなんと後半。しかも数分で洗脳解ける体たらく・・・。←創造主さん調教の才能なさすぎちゃう?

 

ま、まぁ洗脳解けてよかったねオプティマス・・・と思ったらお前のせいで地球やべーぞどうしてくれると味方からフルボッコにされる始末。。。

 

f:id:baltan82:20170820131805j:plain

 

ほんこれ。

カッコいいキービジュアルに反して今回ホントかわいそうな役回りでした総司令官。悪堕ちさせるならもっととことん悪堕ちさせてあげたほうがよかったと思うんですけどまぁやりすぎると味方側に戻らせにくいってのもあったんですかねー。

一応最後に活躍の場はあったのが救い。一閃で敵の合体トランスフォーマーを亡き者にするあたりなんかは震えました。メガトロンとのやりとりもよかった。

メガトロン「俺達昔は兄弟だったじゃん!?」

オプティマス「昔はな(ドガッバキッボゴッ)」

破壊大帝ェ・・・

 

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170820132540j:plain

今回のMVPは間違いなくこいつでしょう。バンブルビー

近作のこいつはやばいです。

まず冒頭の戦闘。ばらばらにされたと思ったらまさかのターンX化。ここでおおっ!っとなったのは僕だけじゃないはず。

そしてオプティマス戦です。最初はオプティマスを正気に戻そうとケイド(人類側の主人公。前作もいた。)を守りつつ必死に彼に想いを訴え続けるんですが、ケイドと地球がいよいよ追い詰められたときには覚悟完了、戦闘モードになってオプティマスを全力で殺りにいきます。ここのバンブルビーの心の切り替えというか決意が現れるところが地味ながらすごくいい。戦闘モード時にバイザーが下がるというバンブルビーの特徴が上手く生かされた場面だったと思います。

あ、今まで声が出せずラジオの音声組み合わせて話してたバンブルビーですが、最後オプティマスを正気に戻すとき本当の声が出ます。そこでオプティマスが「この星に来て初めて君の声を聞けた」みたいなこと言ってたけどキミ一作目のラストで声出せてたよな?←そういう突っ込みはNG

 

 

 

f:id:baltan82:20170820134729j:plain

 

 

 

前作あんだけ大暴れしたダイノボットが最終決戦で出番なかったのは残念でした。近作でもオートボットの隠れ家を襲撃したメガトロンがグリムロック見た瞬間撤退するあたりダイノボットはかなりの強者として描かれているんですがなぜか最終決戦では影も形もなく・・・チート過ぎて出番もらえなかったんですかね。ちびたちはかわいかった。

 

今回新登場の円卓の騎士のトランスフォーマーはもう存在自体が突っ込みどころ満載で面白いんですが12体合体でドラゴンになるってところに驚かされましたどうやってトランスフォームしとるねんおまえら・・・玩具がどう変形するのか見たい是非見たい。

 

創造主は申し訳ありませんがオプティマスにSMプレイしてたぐらいしか印象に残りませんでした・・・つーか調教も不完全だしわりとあっさりやられるし創造主不甲斐なさ杉じゃない?

 

 

f:id:baltan82:20170820134802j:plain

メガトロン様はもっとがんばって

 

 

 

総評するとストーリーはなかなかに楽しめたのですが、悪堕ちオプティマスの活躍が少なすぎたのと、今までより露骨な次回作への設定ぶん投げ(ユニクロン関連)が気になったかなーと。

しかしそもそも悪堕ちとかどうでもいい人や、三部作予定なんだからユニクロン関連の設定出したのは次回作匂わせる演出でいいじゃんと思う人も多いと思いますし、お勧めできる映画です。←そもそも悪堕ち楽しみにしてたのなんてあんたくらいじゃ

 

ただ前作の、「絶望的な状況に追い込まれてからのダイノボット軍団従えて反撃」の熱さは超えられなかったかな・・・とも思うので、これは次作に期待したいところです。

 

f:id:baltan82:20170820140751j:plain

 

オチが思いつかなかったので悪堕ち総司令官置いときますね。

 

 

 

夜出歩く悪い子は誘拐しちゃうぞ(夜廻感想)

f:id:baltan82:20170818150354j:plain

慈悲はない

 

日本一ソフトウェアのゲーム「夜廻」をクリアしましたので、極力ネタバレに注意しながら感想を書きたいと思います。

8/24発売の続編「深夜廻」の予約が秋葉原のトレーダーでやってまして、そのかわいらしいイラストと独特のダークな雰囲気に興味をもったのがプレイするきっかけでした。

 

f:id:baltan82:20170818150929j:plain

夜廻 公式WEBサイト

 

一体どんな内容か一言で言うと、幼女がお化けに殺されまくるゲームです。

 

愛犬とはぐれてしまった幼女ちゃんは家に帰ってそのことをお姉ちゃんに伝えます。

お姉ちゃんは自分が探してくるから幼女ちゃんは家にいな!と颯爽と夜の街に飛び出していったのですがいつまでたっても帰ってきません。

幼女ちゃんはいてもたってもいられず夜の町に繰り出しますがいきなり全身真っ黒の不審者に襲われます。

なんとか逃げ延びた先の空き地でお姉ちゃんを見つけた幼女ちゃん。しかしその背後には町で噂の連続幼児誘拐犯が・・・

幼女ちゃんの代わりに連れ去られたお姉ちゃんを誘拐犯から取り戻すため、落ちていた懐中電灯で夜の街を照らすとそこには・・・

 

 

・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170818185023j:plain

 

 

 

・・・間違えたわ

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170818152154j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170818152253j:plain

 

グシャァ 

 

てな感じで理不尽に出現するお化けに何度も何度も殺されながらいなくなってしまった犬とお姉ちゃんを探すお話なんですよ

 

いやもうほんとお化けこわい。←子どもかよ

最初のほうなんか怖くて全然進められませんでした。このゲームBGMがないんですよ。あるのは町のいたるところに住む虫の鳴き声とジーーー・・・・・・という街灯や自動販売機の音、不気味な学校のチャイムや遮断機の警告音。それだけなのがめっちゃこわい。

僕が住んでるのもどっちかっていうと田舎なんですが、この時期はまぁ夜も虫の声やらがうるさいのでこのゲームやってるとどれがゲームのBGMでどれが本当の虫の声なのかわからなくなりました。 ←ゲームと現実を混同するオタク

誰も外に出てこない田舎の夜を一人で歩いているときの不気味な雰囲気の再現度が半端ない。

しかしそんな雰囲気にゆっくり浸っているとなんか変なうめき声が近づいてきて画面が真っ赤になるわけです。お化けに近づかれると幼女ちゃんの鼓動が早くなりドクンドクン心臓が脈打つ音が聞こえるわけですがこれでかなり焦らせられますそして操作ミスしてアボン

 

田舎のどこか不気味な自然の音に早くなっていく自分の鼓動、そして不気味な物音だけが近づいてくる・・・音がこのゲームの怖さを演出していると思います。

 

そしてお化けのデザインがどれも不気味。どれもよくみりゃどこか滑稽なんですがそんな笑って見てる余裕はないわけですよどいつもこいつも殺意マシマシなので・・・

 

f:id:baltan82:20170818154234j:plain

f:id:baltan82:20170818154246j:plain

 

f:id:baltan82:20170818154636j:plain

いやもう死にまくってなんどvita投げ出しそうになったことか。

 

特に崖下の女に田んぼで追いかけられたときと廃工場で肉になった夜回りさん避けて鍵とるとこ。ここの二つはやばかったです多分各30回以上は死んでます。←何度〇んでも蘇る不屈の幼女さんカッケー!

 

洞窟抜けてからラスボス戦(?)まではそこまで苦労しませんでした。しかしいやーED迎えてもわからないことが多すぎる。どうして片目もっていかれたのとか最後のポロとの別れは何を意味していたのかだとか。

 

ただそういったわからないところをあれこれ予想したり、考察サイトを巡ってみたりするのは楽しかったです。実はこれ書く直前に小説版を読み終えたのですが、お姉ちゃん視点でも話が進んでいて、ゲームでは断片的にしか語られなかった、どうしておねえちゃんがあそこまで事情に詳しかったのかなどがこれでハッキリします。

 

 

自分がこのゲームやって心にきたのは女性の死体に花を添えるシーンとお墓を立てるシーン。特にお墓のシーンはどんな恐怖の中にあっても泣かなかった幼女ちゃんが唯一涙を流すシーンなんですよね・・・見てるこっちもとても辛かった・・・

 

 

あ、EDの曲も素晴らしいです。

公式サイトのプロモーションムービーでも使われてます。PVも魅力的ですのでぜひ見てほしい。

夜廻 プロモーションムービー - YouTube

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170818185258j:plain

f:id:baltan82:20170818185310j:plain

f:id:baltan82:20170818185321j:plain

f:id:baltan82:20170818185332j:plain

 

最初の懐中電灯拾う場面でおしっこちびったのは内緒←無理してアンモニア臭いオチをつけんでよろしい

 

 

夜廻 - PS Vita

夜廻 - PS Vita

 

 

夜廻(よまわり)

夜廻(よまわり)

 

 

 

 

ヴァイスシュヴァルツ「Vivid Strike!」を開けてみる

f:id:baltan82:20170723220746j:plain

 

先日発売されたヴァイスシュヴァルツのブースターパック、Vivid Strike! を開けますよ。

ヴァイスの箱とか買ったの何年ぶりですかね…最後に買ったヴァイスがビビオペだから3年ぶり?

 

ゲームする気はなく完全にコレクション目的ですがスターター専用カードもあるということでスターターもついでに買いました。

 

f:id:baltan82:20170723222036j:plain

 

 

さーてどんなカードと出会えるのかな~尊いイラストがいっぱいあるといいな~

 

 

f:id:baltan82:20170723222214j:plain

 

それでは全20パック、開けてまいりましょう。

(BOX購入特典でフーカさんが入っていました。幸先のいいスタートです。)

 

では1パック目

 

f:id:baltan82:20170723222327j:plain

いきなり8枚中2枚がジジイかよ

なんかキャラ紹介の立ち絵みたいなカードが多いですがクライマックスカードがアクセルスマッシュインフィニティ!

 

f:id:baltan82:20170723222511j:plain

このシーンは本当に中盤のクライマックスでしたからね~。ヴィヴィオの台詞を思い出すとおっと涙が。

 

2パック目

 

f:id:baltan82:20170723222637j:plain

フーカさんきたぁぁあああああ!!!

あ、どーでもいいですけどベルリネッタ負債が揃ってますね。

 

 

f:id:baltan82:20170723222737j:plain

このイラストは初めて見ましたが素晴らしいですねぇ。トレーニングウェアのフーカさんの健康的なエロスがたまりません。

 

さぁさぁとばしてまいりましょう3,4,5パック目

 

f:id:baltan82:20170723223013j:plain

f:id:baltan82:20170723223020j:plain

f:id:baltan82:20170723223027j:plain

セットアップリンネさんのおっぱいがエロいですね。ナカジマジム集合のイラストは前回のブログでも出したメガミマガジン記念号の表紙が元です。

 

f:id:baltan82:20170723223350j:plain

いや~~~~~~~~さいこうっ!!

 

 

6~10パック目いきます。

 

f:id:baltan82:20170723223451j:plain

f:id:baltan82:20170723223500j:plain

f:id:baltan82:20170723223507j:plain

f:id:baltan82:20170723223516j:plain

f:id:baltan82:20170723223522j:plain

銀券が出てしまいました。昔のヴァイスはこれが出た時点でサインカードの望みは断たれてしまってたんですが今はどうなんですかね?

しっかしこうやってカード見てるとりんねちゃんほんとロクな目にあってませんねぇ…

 

次、11パック目です。

 

f:id:baltan82:20170723223529j:plain

フォォォオオオオオ!?!?!?!?!?

 

f:id:baltan82:20170723224004j:plain

これは素晴らしいですね!!!!!?!?

これまた何が初出かわかりませんが同じシーツの上に寝そべるリンネちゃんとフーカさん!!!二人のネグリジェ姿も最高ですが何よりもポイントが高いのは恥ずかしそうにカメラに目線を向けるフーカさんに対しフーちゃん以外はどうでもいいといわんばかりにフーちゃんだけを見つめるリンネちゃん!!!

二人がどんな人物かこれ一枚でばっちりわかる素敵仕様。いやもうこのイラストを書いてくれた方に感謝しかない。

タペストリーとかで出してくんないかなぁ…

 

f:id:baltan82:20170723224604j:plain

 

このクライマックスカードも「よくぞこの場面を選んでくれた!」って感じですね。一番好きなシーンです。欲を言えばテキストの台詞はフーカの「つかれた」にしてほしかった。

 

12~15パック目です。

f:id:baltan82:20170723224740j:plain

f:id:baltan82:20170723224750j:plain

f:id:baltan82:20170723224803j:plain

f:id:baltan82:20170723224815j:plain

おそらくこのブースターパックのために書き下ろされたであろうリンネちゃんと、藤真先生のフーカさんが当たりました。

 

 

f:id:baltan82:20170723225021j:plain

 

水着を見ると円盤4巻特典映像の海水浴回を思い出しますね。気になった方は今すぐブルーレイを買いましょう。←露骨な宣伝

 

16~18パック目いきます。まだ光物が出ていないのがもどかしい。

 

f:id:baltan82:20170723225356j:plain

f:id:baltan82:20170723225401j:plain

f:id:baltan82:20170723225413j:plain

 

f:id:baltan82:20170723225532j:plain

これまた素晴らしいイラスト。男前なフーカさんも師匠の前ではかたなしなのがかわいいですよね。

 

最後、19パック目と20パック目。

f:id:baltan82:20170723225654j:plain

f:id:baltan82:20170723225659j:plain

 

RRRのヴィヴィオが出ました。RRRなんだからもう少しシーンのチョイスなんとかしろよ。幼いリンネちゃんとフーカさんのカードが同じパックに並んで入ってて思わずほっこり。

 

 

以上、20パックでした。サインが出なかったのが残念ですが、初めて見るイラストやかわいいカード、カッコいいカードが多く満足度は高かったです。

あと数パック買ったんですが、今回のBOXで出なかったカードも結構ありました。その中でもお気に入りの3枚を紹介したいと思います。

 

f:id:baltan82:20170723230522j:plain

フーカさんの背中かっこよすぎるのとクラスメイトのいじめっ子とかいうド直球すぎるネーミング。

こんなん草生えますわ…。

 

 

f:id:baltan82:20170723230715j:plain

そしてこのカッコよすぎる覇王!断空拳ッ!!!!

このカードは漢前すぎます。背中合わせの師弟の目つきと拳が最高です。今回のブースターで出会ったカードで一番のお気に入りかもしれません。

 

 

あ、余談なんですが、クラスメイトのいじめっ子のカード、返り血浴びたリンネちゃんを速攻で場に出すためのサポートカードなんですね。

他にもざっと目を通した限り、返り血リンネちゃんを出すにはおじいちゃんに思い出に行ってもらう方法もあるようです。

 

つまりゲーム開始直後にいじめっ子を生贄にするかおじいちゃんに死んでもらえば濁ったドブの目のリンネちゃんが速攻で召喚され大暴れしてくれるわけですね!←ひっでぇゲームだこれ

魔法が効かないならワイヤーで縛ればいい(魔法少女リリカルなのはReflection感想)

f:id:baltan82:20170723105836j:plain

なのはさんマジ脳筋

魔法少女リリカルなのはReflection、公開初日に観て参りました。

前回ノゲゼロの感想を書いたら「(原作内容含め)思いっきりネタバレしてんじゃねーか!」とツッコミをもらったので、今回はネタバレになる内容は後半に全部もっていこうと思います。←感想共有したい人は大体もう見てそうだけどな

 

もう観てきた方もまだの方も一度記憶をリセットし、まずはこちらをご覧ください

 

 

f:id:baltan82:20170723111218j:plain

 

至高の表紙でございます←ビビストじゃねーか

こちらほぼ半年前に発売されたメガミマガジン。そうですなのはファンの方々は記憶に新しいであろう魔法少女リリカルなのはRefrectionの情報が初めて解禁されたメガミマガジンでございます。普段メガミマガジンを買わない方もこの号は買ったぜ!という方は多いのではないでしょうかええ私もその一人です。

 

期待に胸を膨らませページをめくると…

 

 

f:id:baltan82:20170723111759j:plain

 

 

あれ?

 

 

f:id:baltan82:20170723111858j:plain

 

 

あれれ~~~~~?????

 

 

絵が過去より劣化してない?←感想記事でいきなりディスるのやめーや

 

いやだってほら見てくださいよ顔の書き方明らかに違うしバリアジャケットのデザインはなんか簡略化されてるしそれでも目をそらそうと思ってたらメガミマガジンが隣に過去劇場版のシーンまとめて違和感に追い討ちかけてくるこの始末。

 

そんなこんなで動揺を抑えやっと文字に目を通し始めた私の平静にトドメを刺した一文がこちら

 

 

f:id:baltan82:20170723113413j:plain

 

スタッフ一新

 

ここまでやられて劇場版に不安を抱かない人がいようかいやいない(反語)

まだこの時点では映画のあらすじすら公開されておらず(いや結局上映するまで公開されなかったけど)わかっている事といえばビビストのCMで出たタイトルのみ。ビビストがクライマックスを迎え、映画への期待も最高に高まっている状態でのこれです。

散々言っている通り Vivid strike! がなのは無印を超えかねない最高のアニメだったこともあり、当時の私は「Refrectionやめて既存スタッフでビビスト二期作ってくれよ…」と何度考えたことか…

 

しかし、ゲーム「THE GEARS OF DESTINY(以下GOD)」に登場したアミタとキリエが新しいバリアジャケット(正確には違う)でなんかかっこいいバイクに乗ってる特典画像とか、マテリアルズがいるキービジュアルとか徐々に情報が公開されていくうちに「もしかしたらおもしろくなるかもしれない…」と再び期待感が高まりだし、ここ数日は早く劇場でなのはに会いたい以外の感情が死んでおりました。←チョロいオタク

 

前日に東京入りし、一緒に観に行く友達と合流した後、「今回劇場グッズあんまり魅力ねーし別にゆっくりでいいな」とか話してたら深夜0時にグッズ情報が追加され「やべえぞガチるか」と始発前にタクシーで劇場に向かい、並んだ結果チケットをとっておいた最速上映を見逃し、別の劇場で昼からのチケットがとれたのでそっちに向かうとそこはレジがらがらグッズだだあまりで俺たちはいったい何をやっていたんだ状態に。

 

(最初に向かった劇場は8時半に開いたんですがグッズレジがひとつしかなく、一人で10分以上使って15万分の買い物してるオタクor転売屋?とかがざらにいたせいでグッズを買い終わったのが10時近くになってしまい、チケットを取っておいた9:00からの上映に間に合わなかった。)

 

 

前置きがとんでもなく長くなりましたが、そんなこんなでとっても楽しみにしていたリリカルなのはRefrection←最初絶望してなかった???

 

ここからが映画の感想になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baltan82:20170723105815j:plain

 

イリス「楽しかったぜぇ?お前との友↑情↓ごっこぉ!」

 

いやー最後まで不安だらけがやっぱり面白かったです。

正直人物の心理描写には物足りないなと感じるところが多く、フローリアン姉妹とマテリアルズに関してはGODとイノセント見てない人は初見でキャラ把握できるのかこれ???と不安になりましたが、なのはの「困っている子がいたらなにをやってでも助ける」姿勢は一貫してましたし、フェイトが親子関係を吹っ切るところも新しい形として見せてくれました。そしてなにより戦闘シーンが見ていて面白かった。

 

まずなのはが強すぎる。ワイヤーで縛られてるのにその状態で魔法ぶっぱにも笑いましたが魔法が相手に効かないと知るやバリアジャケットパージで拘束解除、ワイヤー振り回して相手を逆に拘束、そのまま地面にドゴン…もう笑いをこらえるのに必死でした。脳筋ここに極まれり。しかもレイジングハートがいないのにシュテるんに砲撃合戦で勝っちゃう←哀れシュテるん…

最後のフォーミュラ融合形態マジカッケェ!と思ったらパンフに「体内にナノマシンを打ち込んで使えるようにした」的なこと書いてあってビビる。というか台詞の端々から撃墜フラグ(stsのアレ)が立ちまくってて不安がフォーミュラモード。

 

 

フローリアン姉妹はヴァリアントコアから出てくる武装がガンガンモードチェンジしててほんとかっこいい。フォーミュラスーツは昔のほうがよかったけど。というかアミタお姉ちゃんかっこよすぎ

キリエの説得に感情的になる場面こそあれど、戦闘では常に冷静さを保った戦いを維持してましたし、キリエちゃんがシステムオルタ発動してああこれはやべぇな全滅か…と思ったら即アクセラレイター発動して切り返すアミタお姉ちゃんの圧倒的強者感。というか惑星エルトリアの科学技術がいったいどうなってんのレベル。あとゲームとの細かい違いだけど二人ともアンドロイドじゃなくて人間なんですね。

 

 

フェイトちゃんはなのは直伝?スターライトブレイカーっぽい何かを撃ってましたね。バルディッシュの新形態がなんかレイハさんのカノンモードに似てるなーと思ってたらアンカーで姿勢制御してからの砲撃にはシビれました。

はやてちゃんはなぜか変身シーンないし夜天の書もってかれるし生身で重機に潰されそうになるしでかわいそうな役回りでした。でもディアーチェに汎用デバイスで戦えたのはすごいと思うの…てかもしかしてマテリアルズってあんまり強くな←おいやめろ

守護騎士は今回ちゃんと全員強かったし見せ場もあったのがよい。シグナムとヴィータはどっちもフルドライブ披露してくれたし!

シャマルさんは下手したら機動兵器の相手はもう全部こいつ一人でいいんじゃないかなレベル。ビッグバンハートキャッチ強すぎる。ザッフィーもちゃんと技名まで叫ぶしなんでしょうね、stsではいいところがなく後の漫画イノセントとかでも非戦闘キャラ扱いだったこの二人がちゃんと強いのほんといい。

 

ただ

ザフィーラ(狼形態)「(アルフに向かって)俺の背中に乗れ!」

移動力の高い狼形態からなぜか人間形態になる←????

ザフィーラ(人間形態)「ウォォォォ!!!!」(超ジャンプ力で現場に急行)は卑怯だと思いますあんなん笑うやろ

 

イリスに関しては最初からもう怪しさMAXでしたがはやてちゃんを説得(重火器重機突撃殺意マシマシ)したところで「あぁ今回の黒幕はこいつか…」と。まぁ何かしらの事情はあると思いますけどねー。

キリエちゃんへの仕打ちがほんとベクター

 

f:id:baltan82:20170723180412j:plain

f:id:baltan82:20170723180441j:plain

f:id:baltan82:20170723180508j:plain

ね?←イリスちゃんはこんな顔はしない

 

 

マテリアルズはバリアジャケットもデバイスの形状も一新正直前のほうが好きでしたが。

前に書いたとおり、いまいち強くなかったのと、各キャラの見せ場が少なかったのが残念ですかね…。シュテルなんかは漫画イノセントのおかげで他を寄せ付けない強さ的な印象もあったので、もう少し強くても…。三人の中では、勝負がつかなかったディアーチェよりかは負けたとはいえレヴィが一番よく戦ってたのではないでしょうか。お供のパシフィックリムみたいなロボットも一番脅威感ありましたし。(逆にディアーチェのお供ロボはお前何しに出てきたレベル)

しかし全員が固有技の名前を叫んでくれたのは好印象。王様の「震えるほど暗黒!」も聞けましたしね!←初見の人からしたらいきなり何言ってんだこいつな台詞ですがね!

 

あとレヴィの戦闘BGMの雰囲気が完全にソニック・ザ・ヘッジホッグ

あの雰囲気は完全にソニック・ザ・ヘッジホッグ←二回も言うことか?

 

いやパクりだとか批難したいとかじゃなくてですね、スピードキャラのレヴィのBGMが同じくスピードキャラの代名詞であるソニックのBGMの雰囲気をもっているのに感動したとでもいいましょうか…サウンドトラックDisc2の17曲目「雷光迅る」なんかはソニックアドベンチャー宇宙ステージとかで流れても絶対違和感ゼロですよ。シャドウのステージにも合いそうですね←これで劇場で一人謎のテンションだった人

 

 

 

 

そしてやっぱり強かったのは我らが大天使ユーリちゃん←ゲームラスボスは伊達じゃない

 

f:id:baltan82:20170723181317j:plain

 

これは入場者特典のステッカーの画像ですが、この一番右下でストライクフリーダムみたいなポーズとってるのがユーリちゃんです。

 

 

f:id:baltan82:20170723181508j:plain

ストライクフリーダムガンダム参考資料

 

実際映画見に行く前に友達と「ストフリにしか見えねえなw」みたいな会話してました。今作ではGODのような血で出来た槍が飛び出してくるドスグロい羽もありませんでしたので、ユーリちゃんはラスボスポジではあれど結構マイルドな能力もしくは戦い方になっているんだろうなと私は予想していました。

 

が、蓋を開けてみればGOD以上のグロ能力で画面上に地獄を生み出すユニコーンユーリちゃん爆誕しておりました

 

f:id:baltan82:20170723182015j:plain

ユニコーンガンダム参考資料

 

いやぁモブの管理局員となぜか急成長したくせに声はそのままの執務官はともかく、フェイトちゃんとシグナムさんまでどてっぱら貫かれたときはどうしようかと…←目玉ぶち抜かれたモブ職員よりはマシ。

心優しいユーリちゃんのことです、きっと後から罪悪感でめっちゃ悩まされることになるのでしょう…イリスの過去についても何か真実を知っていそうなところが気になります。

 

 

あと戦闘シーンではないですがなのはフェイトアリサすずかのママが勢揃いしたのには驚きましたねー。アニメ無印ですら月村姉妹が登場する程度でしたがアリサとすずかはまさかパパまで出るとは…残念ながらここで実は私がアリサちゃんのパパだった説はなくなったわけです←そんな説最初からねーよ

 

 

 

新しいスタッフの方々はきっとなのはシリーズを愛してくれているのでしょう。

総じて、心理描写と作画に物足りなさはあれど、時系列的にこれまでのシリーズ勢揃いとも言えるキャラの豊富さと、(執務官以外の)どのキャラクターにも見せ場が用意され、出し惜しみのない技の応酬が楽しい戦闘シーンから、リリカルなのは好きがリリカルなのは好きのために作ってくれたいい映画だったと思います。

 

来年公開の後編、リリカルなのはDetonationが待ちきれませんね!!←正直もう一時間くらいあれば前後編に分けないでも完結できたんじゃねは禁句。

 

 

 

 

あ、グッズはマフラータオルの黒となのはのおやすみキーホルダー、シュテルんのブックマーカーに扇子と3Dポスター、ガイドブック(パンフレット)を買いました。

 

f:id:baltan82:20170723184854j:plain

 

メタルブックマーカーはこれで1100円はアホやろと思いましたが、実物が結構かっこよかったのとシュテるんのグッズは貴重なので購入。

 

f:id:baltan82:20170723184925j:plain

 

扇子。アリサちゃんとすずかちゃんがいるのが尊すぎる…。

 

4週目の来場者特典が色紙なのでまた観に行こうと思います。

 

 

魔法少女リリカルなのは Reflection Original Soundtrack

魔法少女リリカルなのは Reflection Original Soundtrack

 

 

ノーシュヴィ・ノーライフ(映画ノーゲーム・ノーライフゼロ感想 ネタバレ注意)

f:id:baltan82:20170716232812j:plain

あ、僕はジブリール派です

 

映画「ノーゲーム・ノーライフゼロ」を観てきました。

 

つい最近妹に誘われキンプラ…「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」を観てきたんですよ。知らない人向けに内容を説明するとアイドルがドンデモ衣装でトリプルアクセルすると固有結界が発動して無駄に美声(←ここ重要)のいかついマッチョが6人に分身して腹筋から爆弾落としてステージ破壊するけど別のアイドルがトリプルアクセルしたら固有結界でドームが再建され総工費1200億円がチャラになり、最終的に地球は黄色かったという真理にたどり着くお話です。

 

 

最高かよ…

 

 

f:id:baltan82:20170717215039j:plain

 

 

 

そのとき前売り券コーナーでノゲゼロを見つけ「あ、そういえばそろそろ公開だったっけー」「まぁ観てみっかー」くらいの気持ちで前売券を買いました。

 

 

…観に行きました。

 

 

 

………最高でございました←語彙力のないオタク

 

f:id:baltan82:20170717221145j:plain

 

いやほんと軽い気持ちで観に行ったら内容と映像美に圧倒されました。原作を読んだのはアニメ放送当時なのでもう3年くらい前で、今回の映画の内容も「空に似た人間が白に似た機凱種と一緒に世界を変えるんだったよな…?」程度のうろ覚えだったので新鮮な気持ちで見れたのも大きかったかもしれませんがほんとにすごい映画でした。

 

まず今作の主人公リクがヒロインの機凱種シュヴィと出会うまでの人類のどうしようもなさ、ただ他の種に蹂躙されるだけの無力さで物語に一気に引き込まれました。(松岡禎丞さんの演技がすごい。)

このころのリク、完全に目が死んでるんですよね。←濁ったドブの目のリンネちゃんも真っ青な世界だししゃーない

しかしシュヴィと出会い、感情をぶつけるうちにだんだん目が輝いてくるんですよ。

そして映画を見てるこっちがそれに気づき始めたあたりでシュヴィの「その目が好き」発言が来るんですよ、思わずニヨニヨしてしまいましたね。←気持ち悪い…

 

f:id:baltan82:20170717225919j:plain

 

シュヴィは原作を読んだだけではそこまで入れ込むことはなかったキャラクターなのですが、声がつくともうぜんぜん違いますね。最初の感情を持たない機械のような話し方から僕が守ってあげなきゃいけないいたいけな女子オーラビンッッッッビンッッッッ!!!な話し方に変わったときなんかもうキュンキュン

リクの求婚を受けるシーンなんかもうかわいさ最高潮。ついでに笑いも最高潮。(リクが白くなって童貞が調子乗ってすいませんでしたするシーンでは劇場で堪えきれずに笑ってしまったオタクたちが結構いた。)

 

f:id:baltan82:20170717222626j:plain

 

こうして原作よりも感情移入して見れたことで、「あぁこの話ってこんなにラブストーリーやってたんだなぁ…」と気づくことができました。だからこそ最後のジブリール戦のシュヴィの叫びなんかは心にぐっと響きましたし、その分辛くもありました。目を覚ました瞬間シュヴィの死を知ったリクの表情は強く印象に残っています。

 

映画を観終わったあとはただひたすら呆然としていました。EDの「THERE IS A REASON」は素晴らしい曲で、特にサビの部分では劇中のリクとシュヴィの愛の在り方だとか生き方だとかがドッとフラッシュバックされて心の汗が止まりませんでした。

 

ここまでネタバレしまくっといてなんですが、ノーゲーム・ノーライフを知らない人にもお勧めできる、本当に素晴らしい映画でした。(ノゲ本編は今回の劇場版よりかなりギャグ多めですが)

まだ観に行っていない方は是非。

 

 

 

f:id:baltan82:20170717231315j:plain

…この人のフォローを入れるのを忘れてました。

ええそうです今回完全に悪役もといラスボス枠のジブリールさんです。

劇中ではいずなたんに戦犯扱いされ、

作者には6巻あとがきで

ジブリールのこと、嫌いにならないであげてください…」

とか言われ、

声を担当された田村ゆかりさんにはパンフレットのコメントで

ジブリールのことは嫌わないでください!!お願いします!!」

とかとか言われちゃうくらい酷いことをしたジブリール…今回の映画だけ見てシュヴィに感情移入していた人やアニメを見ていた人でも今回の彼女の行動は許せないという人はいるでしょう…

ノゲノラ登場人物の中でジブリールが一番好きな私でも正直どうフォローしていいかわかりませんていうかフォローのしようがないので今後の原作のジブリールかわいいよってことだけ書いとこうと思います←こいつあきらめやがった…

 

 

原作では空白は4巻で吸血種と海棲種、5巻で天翼種とゲームして、6巻でノゲゼロの内容をやり、6巻ラストで神霊種に喧嘩を売ります。

(アニメは原作3巻までやっていきなり6巻ラストに跳んでいるので2期があるとしたらどうやるのか気になるところです。)

7巻8巻で神霊種と決着をつけ、9巻でシュヴィの種族である機凱種とゲームを行うのですが、8巻前半ではジブリールとのゲームが話のメインになります。泣かせに来てます。

ドシリアス展開を耐え切った9巻はシュヴィの遺志を継いだ機凱種たちが空をリクと間違えて求婚してくる内容なのですがそこでは機凱種にやることなすことことごとく読まれて馬鹿扱いされた挙句自尊心ぼこぼこにされて地面にのの字を書くジブリールさんが見れます。←シュヴィを終始圧倒していたあの姿はどこへやら。

 

というわけで!!映画に出てきたCV諏訪部順一のイケメンロボットの後継がガチホモ化して空をハイエースする(※本当です)おもしろ展開が気になったそこの方!!ノーゲーム・ノーライフ原作を読もう!!←おいジブリールの宣伝は?

 

 

おまけ、今回の戦利品

 

f:id:baltan82:20170718000107j:plain

 

新宿の角川シネマで見ました。映画館に入ると「本日のノーゲーム・ノーライフゼロのチケット販売は終了しました。」の看板。栃木県民の僕は公開初日の東京の人入りを舐めていました。(チケット予約してくれていた友人に感謝…)

パンフレット購入&入場特典小説をGET。映画を観た後は映画の主題歌が入ったCDとノゲゼロ版の期間限定表紙が使われた原作6巻を探しに秋葉原へ。CDは買えたが原作6巻がどの店にもない。たぶんあの日の秋葉原は限定表紙の6巻は全滅していたと思います。(なので友人の分含め限定6巻は次の日栃木で買いました。)

 

 

 

あとその日フィギュアーツのメトロン星人がラジ館のイエサブで4400円で売っててです

ね、つい買っちゃったんですよ。

 

f:id:baltan82:20170718000236j:plain

f:id:baltan82:20170718000326j:plain

 

たーのしー!