バルログ

春日野穹ちゃんが嫁です

童貞ち○こは動く子宮の夢を見るか? (ラズベリーキューブ全ルートクリア後感想)

f:id:baltan82:20181013214250j:plain

 

ラズベリーキューブの全ルートをクリアしました。←サマーポケッツは?

ちょっとプライベートな話になりますがここ最近は平日もそれなりに早く帰ることができてまして、一日一時間くらいエロゲをプレイする余裕もあったんです。そうなるとガッツリシナリオに没頭してしまうサマポケよりラズキューの方が手をつけやすくてですね・・・気がついたらこっちばかり進めてました。

まぁ予定は未定ということで・・・。←次回予告が当てにならないブログだなぁ

 

以前のブログで「共通ルートが短くヒロイン同士の絡みも薄い」と書いたんですが、終わってみると全体的にシナリオは短く個別ルートに入ると他のヒロインはほぼ話しに絡んできません。というかヒロイン同士知り合いもしない。主人公の住むアパートの大家である美琴さんのみ他ヒロインのルートでも登場しますがそれも微々たるもの。パッケージのヒロイン4人は仲よさそうに身を寄せ合ってるのにそれってどーなん?

 

ただこのヒロイン同士の関係性は、「欝展開を排除しストレスフリーで安心してプレイできるシナリオ」という謳い文句には合っていたかなと。なぜならエロゲ最大のストレス要素である女の子を見捨てる罪悪感をこのゲームではまったく感じなかったからです。

 

エロゲの主人公って共通ルートではどのヒロインに対しても基本的に優しいじゃないですか。んで他の男の子と違う主人公に対してヒロインは大なり小なり特別な感情が芽生えていくわけですよ。さらに彼女たちは大なり小なり結構ヤバい問題を抱えていて、主人公が手を差し伸べてあげないと最悪死に至るわけです。←エロゲのヒロインの人生過酷杉かよ

 

まぁ死に至るは言い過ぎましたが、「この娘主人公がいなかったらろくな人生になってないだろ・・・」とか、「この娘は主人公のことを一生引きずって生きていくんだろうなぁ・・・」って思わせるヒロインが多いのがエロゲーです。←27歳になって床オナでしかイケない童貞の人生もヤバいのでは?

 

なので毎回エロゲプレイするときって二周目が一番しんどいんですよ。だって一周目で主人公とあんなに愛し合って共に苦難を乗り越え、ハッピーエンドを掴んだヒロインが、二周目でこっちが別のヒロインとよろしくやってる裏でひっそりと破滅に向かって一人で歩んでるって考えると見捨てた罪悪感半端ない←エロゲにどんだけ感情移入してんのよ

 

その点ラズベリーキューブのヒロイン達って、別に主人公がいなくても困る娘がいないんですよね。なにしろ主人公でしか解決できない大問題を抱えてない。加えて共通ルートの時点でヒロインの誰も主人公に特別な感情を抱いていないので、我々はヒロインを選ばない罪悪感に悩まされることもないわけです。

 

幼馴染辺りは物語り開始時から主人公に好意をもってくれているものですが、近作の幼馴染枠(瑠莉)は個別ルートに入らないと主人公共々過去を思い出さないし、ヒロイン中唯一借金で人生ハードモードっぽかった美琴さんは借金は父親がなんとかしてくれることが個別ルートでわかったので・・・。

 

以下プレイ順に個別ルートの感想です。共通~瑠莉ルート感想はこちらで

 

baltan82.hatenablog.com

 

 

狩野みなとルート

 

f:id:baltan82:20181013214015j:plain

 

終始農作業に従事してました。デートでホームセンターに農業器具見に行くくらいガチ農家ルート。私も仕事先で毎年少しだけ畑を使って野菜作ってるんですけど結構ためになる話も多かったのがおもしろい。←エロゲから農業を学ぶオタクって・・・

 

物語後半、満を持して校庭の畑にビニールハウスが導入されるんですが、昔農業高校に進んだ友達から先輩がビニールハウスの中でセックスしたという話を聞かされ今でも衝撃が残っている私は「ビニールハウスセックスの時間だオラァ!」と一人盛り上がってしまいました。結局ビニールハウスセックスはなかったんですが。

 

f:id:baltan82:20181013233043j:plain

 

さっきから農家の話しかしてませんが常にジャージで農業一筋なみなとちゃんと服を買いに行くシナリオはきゅんきゅんでした。慣れないおめかしをして恥ずかしがってるみなとちゃんが最高にキュート。後個人的にときめいたのはおばあちゃんっ娘なところ。おばあちゃんにやさしいみなとちゃん尊い・・・。

 

f:id:baltan82:20181013214327j:plain

 

いちばんおっぱい小さくて幼児体型なみなとちゃんのHシーンで授乳手コキぶっこんできたのはGJとしか言えない。

 

 

結月悠ルート

 

f:id:baltan82:20181013214058j:plain

 

オタクに優しいギャルの悠ちゃんさん。個別ルートでも偏見もちの同級生からミリオタを庇ってくれたりとオタクに優しいです。というか付き合い始めてからの悠ちゃんさんが全ヒロインで一番可愛かった。そりゃ父親も彼氏連れてきたら殺そうとするわ・・・。

 

悠ちゃんさんのお店の常連オタク3人には何故かグラフィックまで用意されていて、みなとの妹にもなかったのになんで・・・?と最初思ってましたが、出番の多さに納得。←オタクが優遇されてるゲームですね!

 

瑠莉、みなとルートでは主人公とヒロインのツーカーでほとんど話が進んでいきましたが、悠ちゃんさんルートでは主人公と悠ちゃんさんの恋を見守るオタクたちの存在がいい感じに話を盛り上げてくれます。途中で出てくる厨坊には本気でイライラしましたが・・・←ストレスフリーなシナリオ!

 

そして当ブログでこれを語らないわけにはいかないでしょう。悠ちゃんさんとのセックスシーンでは・・・

 

 

f:id:baltan82:20181013214113j:plain

 

おしっこがあるのだあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

 

セックスでお漏らしするオタクに優しいギャル最高かよ・・・←最高を超えて上昇する

 

 

f:id:baltan82:20181013214127j:plain

 

子宮を揺らされながら調教師が振るうムチのようにグネグネと軌道を変えて床に撒き散らされたおしっこの上で床オナしたい・・・子宮を揺らされながら調教師が振るうムチのようにグネグネと軌道を変えて床に撒き散らされたおしっこの上で床オナしたくない・・・?←キモい!

 

 

 

海道美琴ルート

 

f:id:baltan82:20181013214137j:plain

 

本作メインヒロインルートです(断定)。ぶっちゃけ私はロリコンですが美琴さんにはおちんちんがぎゅんぎゅんきました。

 

声を聞くだけで射精しそう・・・←膣内射精障害なのに?

 

美琴さんルートでは当然ながらアパートの住人たちの出番が多かったんですが、中でも詠さんがいいキャラしていて、散々童貞ネタで主人公と美琴さんを戸惑わせたり、セックスのことしか考えられなくなって暴走しそうな主人公にオナホを渡したりとそりゃもういい意味でシナリオを引っ掻き回してくれました。ファンディスクが出たら追加ヒロイン枠になりませんかね?←ちんこついてるぞ?

 

f:id:baltan82:20181013214149j:plain

 

ここの台詞の言い方が好きなんですよ。

 

f:id:baltan82:20181013214222j:plain

 

詠さんのよくわかんないアドバイスちゅき。

 

先ほど美琴さんをメインヒロインと断定したのは、美琴さんだけは主人公がいないと幸せを掴むことが難しそうなキャラクターだったからです。一番の問題の借金は主人公がいなくても解決しそうなんですが、バイオリニストになる夢は主人公が後押ししてあげないと捨ててしまいそうなんですよねー。思い出のアパートも残らないでしょうし、このうっかり屋さんなお姉ちゃんには私がついていてあげなきゃ・・・と。←守ってあげなきゃ女子に弱いオタク

 

あと初Hシーンもよかった。主人公の部屋でオナホを見つけた美琴さんにオナホでシゴかれるんですが、その直前の詠さんの会話と合わせてオナホの使い方がかなり詳しく描写されていて、勉強になりました。私は初オナホでローションを使わずイケなかったので・・・←ばか?

 

f:id:baltan82:20181013214229j:plain



いやもうほんと美琴さんエロいほんとエロいシコシコシコシコシコシコシコシコ

 

f:id:baltan82:20181013214256j:plain

 

 

床オナも神聖な行為だと言ってくれ・・・

 

 

f:id:baltan82:20181013214043j:plain

 

 

総評すると、重過ぎない女の子とのいちゃいちゃを気軽に楽しめる良作でした。シナリオ重視の人にはちょっと物足りないかなーとも思いましたが、逆にハードなシナリオのエロゲでプレイし疲れた人ほど癒しが得られて楽しめるかもしれません。

 

 

 

 

ここから下は真理の扉を開けた僕が辿り着いた極地です。

 

 

 

 

f:id:baltan82:20181013214239j:plain

 

f:id:baltan82:20181013214303j:plain

 

やっぱり子宮は動くんじゃないか俺は知ってたよ